@ゆうじさんの脱サラ就農日記

脱サラをして、有機農家になろうと志ざすおっさん。有機農業や野菜について勉強中!

脱サラを決意した訳

こんにちは。@ゆうじさんです。現在、会社に退職願を提出し、残りの出勤日を順調に消化している所です。

今回は、私が脱サラを決意した訳について、つぶやきます。

日本人のほぼ大半は、学校を卒業したら会社員やら公務員等やらの組織に就職するとなります。私も、大学卒業後当たり前のように一般企業に就職しました。

会社員の良い所

  • 時間を会社に捧げることによって、ある程度の給料を得ることが出来る。
  • 仕事仲間や取引先といった人間関係を安易に作ることが出来る。
  • 会社方針、年度方針、部門方針といった目標に向かって、仕事を進めていけば良い。等々

会社員の辛い所

  • 使用人である為、利益が全て自分の物になるわけではない。
  • 人の性格は十人十色の為、合わない人も必ず出てくる。
  • 自分にアイデアがあったとしても、優先的に会社方針に必ず従わなくてはならない。
  • ほぼ大半の人が、様々なストレスと戦っている。等々

といった所でしょうか。

ふとした時、もし自分が人生の最期を迎えた時、幸せな人生が送れたと思うことが出来るのかなと考えました。確かにサラリーマンをやっていれば、安定した収入を得ることが出来ます。極端な話、モンスター社員と言われるような問題のある方でも、よほどのことが無い限り、給料は支払われます。しかし、人生を振り返った時、本当に豊かな人生を送ったと心から思えるでしょうか。脱サラをすると、安定した収入も、築き上げてきた地位も失うこととなります。いわば、フェリーから小船に乗り換えて、太平洋を横断しようとする様なものです。

しかし、私は脱サラを決意しました。理由はただ一つ。「皆様に喜ばれるものを、誠心誠意心を込めて作り、直接皆様に届けたい」といった思いです。多くの会社員の方は、自分の仕事を直接消費者に届けることが出来ません。

小船に乗り換える訳ですから、収入は激減し様々な困難に直面することは明白です。しかしやらずに後悔するよりも、やって後悔する方が幸せとも言います。

目指せ、お金で買えない価値‼︎豊かな終末を‼︎