自律神経失調症について

こんにちは @ゆうじさんです。

今日は、自律神経失調症について、語ります。

目次

自律神経自覚症状

今からさかのぼる事、約1ヶ月前異常に体がだるく、足汗がひどかった為、内科にかかりました。結果、心療内科に行く様勧められました。

心療内科って通院した事も無く、非常に不安な気持ちになりましたが、とりあえず行って見ました。

カウンセリングと、なんか訳の分からない機械で測定した結果、交感神経がおかしくなっているとの事でした。病院では、ロフラゼプ酸エチル錠1mgとゾルピデム酒酸石酸塩錠5mgという2種類の薬が処方されました。

ロフラゼプ酸エチル錠とは

脳のベンゾジアゼピン受容体に作用して、不安、緊張などを和らげます。
通常、神経症および心身症(胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎、過敏性腸症候群、自律神経失調症)における不安・緊張・抑うつ・睡眠障害の治療に用いられます。

ゾルピデム酒酸石酸塩錠とは

中枢神経に抑制的に働くGABA神経系の1つであるベンゾジアゼピン受容体に作用して、神経抑制機構を強め、催眠・鎮静作用を示します。
通常、不眠症(統合失調症および躁うつ病に伴う不眠症は除く)に用いられます。

(くすりのしおりのHPより)

病院の先生によると、「お酒は絶対飲んじゃいけません!」と言われました。

なんですと!?お酒大好きの@ゆうじさんとしては、生きる生き甲斐を無くす様な宣告でした・・・

 とりあえず早く治したいから、大好きなお酒を我慢し、3週間薬を飲み続けました。

まあ!なんて事でしょう!体のだるさや足汗も治り、なんと肩コリまで無くなりました。しかめっ面の怒りん坊のオッサンから、親父ギャグが舌好調の失笑オヤジに、豹変する次第です。

先日先生に、「もう治りました!」って自信満々伝えた所、「薬が効いているだけ。飲むのを止めたらまた悪くなるよ。普通は治療は1年、早くて半年かかる」って言われちゃいました。

もうすぐ正月なのに、1年禁酒とは厳しい!!

でも頑張って治療を続けよう!!

よくアルコール中毒になったり、薬物に手を出す人のニュースを耳にしますが、きっと大きなストレスを抱えていたんだろうなと思います。ストレスに悩まされている方は、お酒や非合法な薬物なんかに頼らずに、ダッシュで心療内科に電話するべきです。心療内科は、怖いところではありません。間違いなく、本当の自分を取り戻せる素敵な病院です。

5ヶ月後の状態

2月中頃調子が良くなってきたので、先生と相談し一旦薬を中止し様子を見ることとしました。

最初は何とも無かったのですが、3月中頃またまた寝つきが悪くなってきました。病院で、睡眠薬を再投与を受けることとなりました。

4月中頃、さらに鬱っぽくなってきてしまいました。お酒にたよる生活に逆戻りです。先生と相談したところ、残念ながらロフラゼプ酸エチル錠1mgの再投与です。

先生いわく、「薬を中断するのが早すぎたね」と言われました。

やはり、日にちがかかるものなのですね。5月現在、1日7時間ほどぐっすり寝られる日々が続いております。

早く、断薬し今の良いメンタル状態が続けられる様になりたいですね!