ロマネスコって何?

皆さん、ロマネスコって野菜ご存知ですか。

今回は、イオンで発見した変わった野菜を紹介します。その名も「ロマネスコ」と言います。

f:id:forest-sparrow:20190106105033j:plain

分類:アブラナ科アブラナ属

この変わったつぼみの形(食べる所)は、フラクタル形態と言います。何だか、黄緑色の「たけのこの里」マウンテンみたいですね!

名前の由来:16世紀にローマ近郊で開発された為、ロマネスコと言う(諸説有り)

旬:11月下旬〜2月上旬

別名:カリッコリー・カリブロ・やりがい君・ドラゴンスパイラル

栄養価:ブロッコリーとほぼ同じ

食べて見た

f:id:forest-sparrow:20190106105017j:plain

素材の味を確かめたくて、下茹でのみで食べて見ました。

別名「カリッコリー」の名の通り、カリフラワーとブロッコリーの中間の様な感じです。匂いは、ブロッコリーほど強い匂いはしない。食感はブロッコリー、味はカリフラワーといった所でしょうか。

栽培方法について調べて見た

ロマネスコは、酸性土壌が苦手で、肥沃な土壌で水はけの良い土地で、よく育ちます。肥料切れに弱く、土壌の乾燥にも弱い作物となります。

中難度の野菜といった所でしょうか。有機農家になったら、試験栽培的にチャレンジして見たいと思いました。