アピオスて何?

皆さん、アピオスっていうイモをご存知ですか。

今回は、有機野菜のマルシェで発見したアピオスについて紹介します。

アピオスとは?

f:id:forest-sparrow:20190111202400j:plain

分類:マメ科ホドイモ属の多年草

地下の塊茎を食用とする。

一般的にアピオスと言われているものは、アメリカホドイモの事です。日本に昔より自生していた種類のものを、ホドイモと呼びます。

アピオスの特徴

ジャガイモやサツマイモと比べて栄養価が高い

ペプチドが含まれていて、血圧降下作用があると言われている

カルシウムが豊富

糖質が多く高カロリー

イソブラボンも含まれている

旬は、11月下旬〜2月

お店の人は、食べすぎるとお腹がゆるくなる人もいると言っていました。

塩茹でにしてみた

f:id:forest-sparrow:20190111202348j:plain

茹でている時の匂いは、ゴボウのような土臭い匂いがします。

茹ですぎると、上の写真のようにぱっくり割れてしまいます。ちなみに沸騰してから、8分茹でました。5〜6分がベストという所でしょうか。

茹でたら、ゴボウのような匂いは殆どしなくなりました。味は、皮の厚めのジャガイモと言ったところでしょうか。塩コショウをふりかけると、まさに皮付きフライドポテトの味です。

ジャガイモに似た味なので、色んな調理方法があると思いました。

最後に

アピオスは、一般的に栽培が容易な作物と言われています。但し、発芽させるのに時間がかかるようで、その辺りにコツがあるようです。

試験栽培で、試してみようかと思いました。

但し、血圧降下作用があり、栄養価は高いものの、見た目がイマイチなのと高カロリーな点が、マイナスポイントでしょうか。