@ゆうじさんの脱サラ就農日記

脱サラをして、有機農家になろうと志ざすおっさん。有機農業や野菜について勉強中!

インフルエンザを自力で?治した話

こんにちは。@ゆうじさんです。

今回は、インフルエンザに被患した話を書きます。

 

 家内がインフルエンザに疾患

家内が先週の木曜日、体調が悪いと言い出しました。金曜日、病院に行ってみたところ、インフルエンザウイルスは検出されず、抗生物質を処方してもらい帰ってきました。

翌日、熱がさらに上がり38℃を超えた為、再度検査してもらった所インフルエンザA型と診断され、リレンザを処方してもらって帰ってきました。介護職をしている家内は自宅待機となり、職場を長期間休む事となりました。

私の場合

私の方は、日曜日に体がだるくなり、布団にこもっていました。夕方、何かマズイと思い、体温計で測った所、37.5℃でした。

翌日、会社を休み回復を図っていた所、熱は39℃を超えた為、慌てて病院に直行し、診察を受けました。

結果、インフルエンザウイルスは検出されず。しかし、病院の先生は、家内が被患している事もあり、インフルエンザにかかっていると確信しているようです。

白・黒つける為に、本日19時もしくは、明日にでも再診をしたらどうですかと勧められました。

また病院まで行くのがめんどくさかった私は、「熱が下がったら来なくても良いですか?」と聞いた所、しぶしぶ「良いですよ」と言われロキソニンだけを処方してもらい、帰宅しました。

翌朝、体温を測った所、35.8℃まで下がっていました。症状は鼻水が少々のみで咳もほとんどありません。仮病になってしまうので、しょうがなく会社に出社しました。念の為、当然マスク着用です。せっかくロキソニンを処方してもらっていたので、毎食後に飲んでいました。

インフルエンザと判明

水曜日は心療内科に通う日だったので、先週の出来事を先生に報告しました。

私は、「家内がインフルエンザA型に被患した事」「自分は発熱があったが、大丈夫だった」事を報告しました。

先生は、「間違いなく君はインフルエンザA型に被患しているよ」と宣告されました。

会社を合法的に休めるチャンスと思い「今、検査してもらったら判定してもらえますか」と聞いた所、「熱が下がってから時間が経ち過ぎているので、もう出てこないよ。でも今でも菌は撒き散らしているので、気をつける様に」と言われました。

検査が早すぎると、ウィルスが検出されない話はよく聞きますが、先生の話によると、発熱がなくてもインフルエンザウイルスが検出される人は結構いるらしい。最初の病院で、ロキソニンしか処方されなかったのは、先生はインフルエンザに間違いないと思ってたからだと、後で気付きました。

熱が下がっていたのは、ロキソニンが効いていただけかもしれません…

 

これは会社には言えねぇ〜!!

 

まさにバイオテロリストをしていました。ただただ会社の同僚にうつしていないことを祈るのみです。金曜日の夕方までに、体調を崩したスタッフがいなかったので、大丈夫だとは思いますが・・・

最後に

私は、運良くすぐに熱が下がりましたが、皆さんには、冬場に一度でも高熱を出した時、病院でインフルエンザウイルスが検出されなくても、時間をおいて再度検査を受けることをお勧めします。

自分が病気になるのは自己責任ですが、人に撒き散らすのはある意味犯罪ですからね。