@ゆうじさんの脱サラ就農日記

脱サラをして、有機農家になろうと志ざすおっさん。有機農業や野菜について勉強中!

メルカリで野菜を売って儲かるのか検証してみた。

こんにちは。@ゆうじさんです。

新規就農者にとって、販売先の確保が課題の一つに挙げられます。市場・JA・ファーマーズマーケット・道の駅・レストランへの直販等々色々な情報を目にするのだが、新規就農者にはどんな商流を開拓する事ができて、どの商流が利益率が高いのか、よく分かりません。

以前ニュースで、おばあちゃんが作った野菜を、孫娘がフリマアプリで売っているってニュースを思い出しました。ネットで調べていたところ、記事がありました。

一度これは自分で調べてみる必要があると思い、早速メルカリをインストールして野菜で検索してみた。

おおっ!!ものすごく出てるではありませんか。これはビジネスとして成立しているのかと思い検証してみた。

メルカリで掛かる費用は、支払い手数料/販売手数料/振込手数料/送料/梱包費用があります。

  • 支払い手数料・・・購入者側がかかる手数料で、コンビニ払いを選択するとかかる費用です。売上金/ポイント/ クレジットカードを選択すれば、掛らない費用です。
  • 販売手数料・・・商品が売れた時にかかる費用で、販売価格の10%が手数料となります。
  • 振込手数料・・・売れたものを現金化する時にかかる費用で、210円差し引かれます。1万円以上で引き出す場合は掛かりません。
  • 送料・・・商品を送る際にかかる費用です。送料別にすることも出来るようですが、送料込みにした方が、よく売れるようです。確かに、自分もネットでお買い物をする時には、送料込みを選びますよね。
  • 梱包費用・・・ダンボール等で梱包しないと、宅急便は送ってくれませんので、当然と言えば当然かかる費用です。

販売価格=(販売価格×0.1)+梱包費用+送料+(製造原価+利益)

ということになりますね。

気になるのが梱包費用と送料です。

梱包材と送料について調べてみた。

「宅急便コンパクト」専用の段ボール箱(幅25cm×奥行20cm×厚さ5cm)。価格は税込310円。5枚セットなので、1枚あたり62円。1kgまで大丈夫。配送料一律380円

  • 『宅急便の60サイズ対応』専用のダンボール箱(縦27cm×奥行20cm×高さ13cm)。

価格は税込260円。3枚セットなので、1枚あたり約87円。2kgまで大丈夫。配送料一律600円

  • 『宅急便の80サイズ対応』専用のダンボール箱(幅37cm×奥行24cm×高さ17cm)。

価格は税込480円。3枚セットなので、1枚あたり160円。5kgまで大丈夫。配送料一律700円

  • 『宅急便の100サイズ対応』専用のダンボール箱(幅38cm×奥行き27cm×高さ29cm)。

価格は税込560円。3枚セットなので、1枚あたり約186円。10kgまで大丈夫。配送料一律900円

 

つまり利益「0」で販売しようとすると、

宅急便コンパクト:販売価格(X)=手数料(0.1X)+ダンボール代(62)+配送料(380)

→X=(62+380)/0.9≒492円 が、最低販売金額になります。

60サイズ宅急便:X=(87+600)/0.9≒764円

80サイズ宅急便:X=(160+700)/0.9≒956円

100サイズ宅急便:X=(186+900)/0.9≒1,207円

で売らないと、全くの赤字となります。

利益を出そうとすると、

販売価格(X)=手数料(0.1X)+ダンボール代+配送料+利益y

→利益y=(0.9x-(段ボール代+配送料))

になります。

2,000円で、60サイズの野菜ボックスが売れたとすると、

利益y=(0.9×2,000)-(87+600) =1,113円 (販売経費率45%)

 

販売経費率を下げるには、単価の高いものを売るしかないですね。そんなに高い野菜をメルカリで見かけることはありませんし、高くしても誰もきっと買わないと思います。

 

まとめ

60サイズで800円以上で売れば、取りあえずは名目上赤字にはならないことが分かりました。

また決して、販売手数料が一番安い商流でない事も分かりました。まぁ、あくまでもフリマですからね。

但し、コメントを返す事が出来るシステムも有るようなので、試験的に栽培したものを、評価してもらったり、自分の野菜を知ってもらうための、いいツールなのかもしれません。

また、くず野菜を叩き売って、買って下さる方を騙すような真似だけはしたくないなとも思いました。