ストレス社会には、四川アーサイ!

皆さん、四川アーサイという名前の野菜を食べた事はありますか。

今回は、有機野菜のマルシェで見つけた、四川アーサイを食べてみた感想を書きます。

四川アーサイとは

f:id:forest-sparrow:20190216223659j:plain

 正確には分かりませんが、蕾菜(つぼみな)の仲間の様です。蕾菜はアブラナ科アブラナ属の植物で、からし菜の変種とされています。蕾菜は福岡県JAから商標登録の申請が出されている為、福岡県JA以外では蕾菜という名前で販売できません。蕾菜にも同じ仲間がいくつかあります。その中の一つが、四川アーサイになります。多少の味の違いはあるものの、基本的には同じ仲間になります。

四川アーサイ(蕾菜)に含まれる栄養素

●γ―アミノ酪酸含量(GABA)がたっぷり
血圧降下作用や精神の安定に効果があると言われているγ―アミノ酪酸含量(GABA)は、1日10~20mgで効果があらわれるといわれますが、蕾菜には、100g中に40mgも含まれているそうです。

つぼみな(蕾菜)にはβ-カロテン、ビタミンEなども含んでいます。 

参考資料:旬の野菜百科HPより

つまり、ストレス社会で頑張る中高年のお父さんの、強い味方になってくれる夢の様な野菜です。

ストレスに打ち勝つためにGABAを摂取しようと思いチョコを食べてさらに太るより、全然良いじゃないですか!

血圧まで下げてくれるなんて、最高じゃないですか!

 カットしてみた

f:id:forest-sparrow:20190216223646j:plain

外から見た感じは、フキノトウの様な感じかと思いカットしてみたが、切ってみてビックリ!ほとんどが、芯になっているじゃありませんか!

調理してみた

f:id:forest-sparrow:20190216223634j:plain

@ゆうじさん作 お店の人オススメのバター炒め

お店の人とお話をしていた所、生でも食べれますが、バター炒めなんかどうですかと勧められました。

但し、熱の通りが早い為、炒めすぎに注意ですよと言われました。

ので、先に5mm幅に四川アーサイをカットしておきました。

フライパンでベーコンを先に炒め、その後四川アーサイを投入し1分ほど中火で炒め、バターと塩胡椒で和えてみました。

調理時間5分以内の超簡単な炒め物の完成!!

食べた感想は、からし菜とキャベツの芯を混ぜて炒めた様な味でした。

これなら、健康目的じゃなくても、美味しく食べられます。

世の中で、流行っていないのが不思議なくらいの魅力的な野菜でした。