@ゆうじさんの脱サラ就農日記

脱サラをして、有機農家になろうと志ざすおっさん。有機農業や野菜について勉強中!

菜花と春菊の食味の見分け方

こんにちは、@ゆうじさんです。

 本日の研修の復習です。

本日の作業は、菜花の摘み取りと春菊の摘み取りの作業を行いました。

 共に収穫の終わりを迎え、良品を見つけ出すのが難しかったです。

栽培方法については、私は栽培に携わっておりませんので、他のHPを見てもらった方が良いかと思います。

美味しい菜花の摘み取り

f:id:forest-sparrow:20190304211112j:plain

菜花は基本15cm程度でカットします。その際注意するべきポイントは、葉を1〜2枚残しておく事です。わき芽がさらに出てき、長い間摘み取ることが可能です。

摘み取りについては、花が咲く前に摘み取るのはもちろんの事、手でパキッと折れるものが、食味の良い菜花になります。

折れないものは繊維が硬くなっている為、食味が落ちます。

美味しい春菊の摘み取り

春菊も菜花と同じ様に15cmでカットします。下葉を1〜2枚残しておく事も菜花と同じです。

摘み取りで確認するポイントは、切り口です。

f:id:forest-sparrow:20190304212759j:plain

※写真は、切り口の色が悪い見本として根元よりカット

春菊は成長が進むと茎の部分が空洞化していきます。確認ポイントは、ハサミでカットした時に、切り口が茶色になっているものは、N/Gです。また、茎の中心が白くなっているものも、空洞化の予兆となっている為、食味が落ちます。

まとめ

野菜は見た目が大事になってきますので、同一寸法でカットしたくなるものですが、食味を意識すると、収穫末期はサイズがバラバラになってしまいます。

見た目を取るか、食味を取るか、生産者の倫理観が問われますね。

今日も、勉強になりました。