@ゆうじさんの脱サラ就農日記

脱サラをして、有機農家になろうと志ざすおっさん。有機農業や野菜について勉強中!

日本ほうれん草と西洋ほうれん草を食べ比べてみました。

こんにちは、@ゆうじさんです。

 よくスーパーに並んでいるほうれん草にも、いろんな種類のほうれん草がある事を知っていますか?

残念な事に、私は知りませんでした。

今日は、日本ほうれん草と西洋ほうれん草を食べ比べる機会がありましたので、食べ比べた感想を描いてみました。

目次

 

ほうれん草の品種について

日本では西洋種(葉が厚く丸みを帯びている)と東洋種(葉が薄く切り込みが多く根元が赤い)の2種類が栽培されているが、東洋種は病気、寒さに弱く虫が付きやすいため栽培が難しいという理由によりここ数十年の間に急速に西洋種もしくは西洋種の一代雑種に取って変わった。

ホウレンソウ - Wikipedia より引用

よくスーパーに並んでいるのは、西洋種の一代雑種が大半になります。

 

ですので、日本ほうれん草と西洋ほうれん草を食べ比べる機会は、貴重な経験になりました。

ほうれん草は、根も食べられます。

私は、ほうれん草を食べるときはいつも根元付近よりカットしてしいました。理由は、土が残っているとジャリっとして、土臭い味がします。

しかしながら、実は、ほうれん草の根は、ものすごく栄養価が高いのです。含まれている成分は、マンガンになります。

マンガンは、骨の形成や代謝に関係し、消化などを助ける働きがあります。

マンガンが不足すると成長異常、平衡感覚異常、疲れやすくなる、糖尿病(インスリンの合成能力が低下するため)、骨の異常(脆くなる等)、傷が治りにくくなる、生殖能力の低下や生殖腺機能障害などが起こると言われています。

日本ほうれん草と西洋ほうれん草を食べ比べてみました。

f:id:forest-sparrow:20190309211307j:plain

写真左が日本ほうれん草、右が西洋ほうれん草

まずは、西洋ほうれん草から食べてみました。根の部分は土臭く、正直美味しいものとは言えません。体に良いサプリと思って食べるようなものです。

葉の部分は、普段食べるほうれん草と同じような味です。

日本ほうれん草の根を食べてみました。

これは驚きです。土臭くなく、甘い味がします。

葉の部分も柔らかく、エグミもなくほんのり甘い味がします。

勝者、日本ほうれん草!!となりました。

まとめ

おひたしにするには、日本ほうれん草一択ですね!甘さが全然違います。

育てやすさでは、西洋種の一代雑種の方が育てやすいため、日本ほうれん草を見かけることは、ほとんどありません。

でも食べ比べて、こんなに味が違うのなら、一度チャレンジしてみたいですね!